調たかし 城南区の正論を市政に!

活動目標

  • HOME »
  • 活動目標

head_activity

地域主義で、しがらみのない議会活動

特定の支持母体に頼れば、議会での活動にしがらみが生じます。

私は1期目の4年間は徹底して地域に依ることで、高齢者の見守り、障がいを持った人たちの仕事、

生活道路の維持管理、カワイイ区に代表されるムダ事業の批判など、

いかなるテーマでも臆さず主張できました。

これからもしがらみのない活動を続けます。

持続可能な、福岡市の成長実現

人口が増えた、税収が増えた…。

こうした統計値があたかも福岡市の成長の証明のように喧伝されていますが、

果たしてそうでしょうか。

2兆4千億円にのぼる借金を減らし、次世代に展望を開くため、

人づくり・人の活躍に主眼を置いた持続可能な成長戦略を描く必要があります。

現実から逃げることなく議論します。

たくましい子どもを、社会で育てる

「子どもは社会の宝」と異口同音に言うものの、

福岡市はまだまだ子どもを大切にすべきです。

医療費助成の拡大はもちろん、子どもの6人に1人が貧困状態にあるいま、

子どもの健やかな育ちにもっと使命感を持たなければ。

将来をたくましく生き抜く力を身につけさせるため、

教育予算はしっかり拡充すべきです。

女性の活躍促進と、支援の充実

福岡市は、15歳から64歳の生産年齢人口で女性が男性より約3万人多く、

中でも20代から30代の差が顕著です。

単身の女性、出産後の職場復帰を目指す女性、或いは家庭で介護を背負っている

女性などの相談体制を構築し、もっと活躍の幅を広げられるように支援することが、

都市の成長をけん引すると考えます。

PAGETOP
Copyright © 福岡市議会議員 調たかし 事務所 All Rights Reserved.